埼玉の各地にある宅地を沿線ごとに分析

埼玉の宅地を沿線別に分析すると、それぞれの違いや利点が明瞭になってきます。都心部へ通勤する場合には、高崎線や東上線の沿線は非常に便利ですが、位置によって利便性は違ってきます。高崎線の沿線については、籠原駅より南側では人気が高く、人口も増える傾向にあります。東上線の場合では、複線化されている場所では人気が高くなります。

 

埼玉の東部では、伝統的には東武伊勢崎線の沿線が人気で、春日部や越谷などが人気です。武蔵野線の沿線については、埼玉では特に発展が目覚ましくなっています。武蔵野線の沿線に大型の商業施設が設けられたことで、吉川や新三郷の周辺で人気が高まっているのです。

 

埼玉の北部については、全体的には人口の減少が続いていますが、一部には例外があります。本庄早稲田駅の周辺では、今でも宅地開発が活発に行われています。熊谷の周辺についても根強い人気があるため、今後も埼玉の発展に良い影響を与える可能性は十分にあります。