所沢は「となりのトトロ」の舞台

ジブリアニメの名作「となりのトトロ」は所沢が舞台の1つであるといわれています。
1つ、というのは実はトトロの舞台は神田川だったりもするからです。
作品の中のとても綺麗な田舎の風景はいろいろな地区が合わさったものとなってるのです。

 

時代背景ですが昭和30年代の初頭が時代設定となってはいるのですが特定の年代はありません。
しかし病院にかかっているカレンダーの曜日、月の関係から木曜日から始まる平年か水曜日から始まる閏年ではないかとされています。

 

作中にはねこバスが登場するのですが行き先は「牛沼」となっています。
これは埼玉県所沢市牛沼がモデルとされているのです。

 

「トトロ」という名前は「所沢のとなりのお化け」に由来しています。
この事からいろいろな面白い憶測が流れたりもしました。

 

そしてところざわを口をうまくまわさずに言うととろろざわになるのです。

 

となりのトトロといえば同時上演だったらしいですね。
その時同時に上映されたのが「火垂るの墓」です。