所沢の焼きだんご

所沢といえば「焼きだんご」です。
所沢の名物は数あれどやはり串に刺された焼きだんごが最も有名で愛されているのです。

 

焼きだんごは米粉で作っており醤油をつけて焼き上げています。
味は昔から変わらない素朴さが売りです。
普通の串さしだんごの数ですが室町時代は5個さしが普通でした。
しかし現在では4個さしが多くなってきたのです。
所沢の焼きだんごは昔から4個と決まっています。

 

焼だんごの歴史は古く1860年頃にはもうすでにだんご作りは盛んに行われていました。
その後明治時代にはいり焼きだんごの評判はとても良くなりだんご屋も増加したのです。
そうして「焼きだんご組合」がだんだん整ってきたのです。
所沢では旗をはためかせただんご屋さんがたくさん登場しました。

 

しかし現在ではそんな組合もなくなってしまい旗も少なくなってしまったのです。
それでも焼きだんごの味は変わらず現代に引き継がれておりそれぞれのオリジナルが加わって進化を遂げているのです。


喘息の予防

喘息に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.zennsoku.info/